TEL.0572-24-7135

[診療時間]9:00~12:00 / 14:30~18:30
[土曜午後]14:00~18:00[休診日]木曜・日曜・祝日

当院は完全予約制です

TEL.0572-24-7135

[診療時間]9:00~12:00 / 14:30~18:30
[土曜午後]14:00~18:00[休診日]木曜・日曜・祝日

当院は完全予約制です

ブログBLOG

顎関節症

2019年8月15日

顎の不良は様々な不調を
引き起こします

顎関節症は、顎が痛い、音が鳴る、口を大きく開けられないといった症状がある顎の症状のことです。
違和感があるのに放置すると、頭痛や肩こり、めまい、目の疲れなど、さまざまな不調を引き起こす恐れがあるので注意が必要です。
顎関節症はマウスピースを装着することによって症状が改善する可能性があります。何か気になる症状がありましたらお気軽にご相談ください。

マウスピースによる治療を
行っています

顎関節症の場合は基本的に睡眠中にマウスピースを装着する治療を行います。
睡眠中無意識に歯を食いしばることや歯ぎりしによる顎の関節や筋肉への負担を軽減させることで改善していきます。